いくら愛し合って結婚したからといって、全ての夫婦の愛情がいつまでも続くとは限りません。中には離婚という結論になることもあるのです。そして離婚となれば、慰謝料の問題が出てくることもあります。この慰謝料ですが、離婚イコール慰謝料ということではなく、離婚となる原因によって精神的な苦痛を被った場合に、原因を作った有責配偶者に請求できる損害賠償のことです

離婚は多くの場合、価値観が違ったり性格の不一致といった、互いが原因を作っているものですので、こういうケースでは慰謝料の請求はできません。慰謝料はあくまでも、どちらか一方に明らかな原因がある場合に請求できるものなのです。

慰謝料が請求できる具体的なケースとしては、まずは浮気があります。また暴力による精神的な苦痛に対しても、慰謝料は発生すると考えてください。他には、離婚するというこの事実がもたらす精神的苦痛に対しても慰謝料を請求することができるのです。

もちろん、長期間の別居や生活費を入れない、多額の借金を背負っているなどといったケースも、充分に慰謝料請求の対象となるのです。離婚は夫婦にとって望まざるものですが、結婚生活を維持できないと感じ、その原因が明らかであればこのように慰謝料が発生するのです。