弁護士への相談

慰謝料にはある程度の相場があるのですが、有責配偶者の立場や地位によってその相場以上の額になったり、あるいはそれ以下の額になることもあります。では、慰謝料を決める上で、重要なポイントとはどのようなものでしょう。

慰謝料は不貞行為など、一方的に相手側に落ち度がある場合に請求できるのですが、その額を決定する事項として、まずは婚姻期間が挙げられます。婚姻期間が長いということは、それだけ相手を信用していることにもなります。この信用が大きいほど相手に裏切られたときの精神的な苦痛も大きくなるのです。つまり、婚姻期間が長いほど慰謝料は高額になるというわけなのです。

次に支払い能力です。やはり年収が高いほど、慰謝料の額も大きくなりますし、その年収も職業や社会的地位に深く関係してきますので、重職に就いていたり、広く世間に名の知れた人であるほど慰謝料も高額になります。他には、相手の不貞行為の期間や身体的暴力、精神的暴力が日常的に行われていれば、これも高額請求ができる理由となるでしょう。

ただ、こう言った高額な慰謝料請求は、個人の力では限界があります。充分な賠償を求めるのであれば、然るべき対処を施す必要があり、そのためには弁護士への相談が重要なポイントとなるのです。

□参考サイト□小原法律特許事務所:弁護士に離婚問題相談

慰謝料請求の相場

離婚の際の慰謝料請求ですが、当事者2人による協議離婚で、その額が共に納得できるものであれば、その額の根拠や相場は関係ありません。しかし、話し合いで決着しない場合は、家庭裁判所での調停離婚となり、そこで慰謝料の額が決定されるわけです。しかし、そこでも結論が出ない場合は裁判所へ問題が移され、最終的にそこで慰謝料請求の額が決定される運びとなります。

離婚はこのように協議離婚、調停離婚、裁判離婚といった流れとなり、どの段階においても慰謝料請求の問題が関わってきます。この慰謝料請求ですが、ほとんどの場合、100万円から500万円の幅の中でその額が落ち着くようで、これが大体の相場となります。ただ、この相場の範囲内であってもより高額な慰謝料を請求するためには、離婚の原因となった根拠を示す必要があります。

この離婚に至るまでの精神的苦痛の根拠や証拠ですが、これを個人で収集したり整理したりするのは大変な労力と時間を費やすこととなります。しかもどういった証拠が有効なのかも分からないのです。

そういった場合、まずは弁護士に相談することをおすすめします。弁護士をつけることで、話し合いや調停、裁判を有利に進めることができ、それによって少しでも多くの慰謝料を勝ち取ることができるのです。

慰謝料請求のケース

いくら愛し合って結婚したからといって、全ての夫婦の愛情がいつまでも続くとは限りません。中には離婚という結論になることもあるのです。そして離婚となれば、慰謝料の問題が出てくることもあります。この慰謝料ですが、離婚イコール慰謝料ということではなく、離婚となる原因によって精神的な苦痛を被った場合に、原因を作った有責配偶者に請求できる損害賠償のことです

離婚は多くの場合、価値観が違ったり性格の不一致といった、互いが原因を作っているものですので、こういうケースでは慰謝料の請求はできません。慰謝料はあくまでも、どちらか一方に明らかな原因がある場合に請求できるものなのです。

慰謝料が請求できる具体的なケースとしては、まずは浮気があります。また暴力による精神的な苦痛に対しても、慰謝料は発生すると考えてください。他には、離婚するというこの事実がもたらす精神的苦痛に対しても慰謝料を請求することができるのです。

もちろん、長期間の別居や生活費を入れない、多額の借金を背負っているなどといったケースも、充分に慰謝料請求の対象となるのです。離婚は夫婦にとって望まざるものですが、結婚生活を維持できないと感じ、その原因が明らかであればこのように慰謝料が発生するのです。