離婚の際の慰謝料請求ですが、当事者2人による協議離婚で、その額が共に納得できるものであれば、その額の根拠や相場は関係ありません。しかし、話し合いで決着しない場合は、家庭裁判所での調停離婚となり、そこで慰謝料の額が決定されるわけです。しかし、そこでも結論が出ない場合は裁判所へ問題が移され、最終的にそこで慰謝料請求の額が決定される運びとなります。

離婚はこのように協議離婚、調停離婚、裁判離婚といった流れとなり、どの段階においても慰謝料請求の問題が関わってきます。この慰謝料請求ですが、ほとんどの場合、100万円から500万円の幅の中でその額が落ち着くようで、これが大体の相場となります。ただ、この相場の範囲内であってもより高額な慰謝料を請求するためには、離婚の原因となった根拠を示す必要があります。

この離婚に至るまでの精神的苦痛の根拠や証拠ですが、これを個人で収集したり整理したりするのは大変な労力と時間を費やすこととなります。しかもどういった証拠が有効なのかも分からないのです。

そういった場合、まずは弁護士に相談することをおすすめします。弁護士をつけることで、話し合いや調停、裁判を有利に進めることができ、それによって少しでも多くの慰謝料を勝ち取ることができるのです。